仕事をする人達
4月
16

無駄の排除

mafihotz.com    効率化    

デスクトップ

近年企業では無駄をなくすといった取り組みが行われるようになりました。
それは時間の無駄であったり、紙の無駄遣いであったり、様々です。その中で無駄に関して特定の企業で行われている取り組みがあります。
それは本来の業務以外の無駄をなくすといったことです。
これはどういったことか説明していきます。

■取り組み
企業が生産性を上げる為に必要なことは社員が自社の業務に専念することが重要です。
しかし、多くの企業ではこの専念することが難しい現状があります。主に無駄とかんがえられる様になった理由としては営業などの電話、または顧客に対しての支払い要求の電話などの電話業務が上げることができます。
業務効率化を図る為にはわざわざ電話をしていては多くの時間を無駄にしてしまうのです。これらの無駄はワークフローを利用することで確認することができます。

この電話の無駄をなくす為の取り組みとして行われているのがコールセンターの利用です。
コールセンターを利用し、代わりに電話業務を任せることで自分たちの仕事に専念できるようになっているのです。

4月
16

見つける

mafihotz.com    効率化    

新聞紙

前回の記事まででワークフローによる業務効率化の理由や企業の対策などを書いてきました。
これらの事からワークフローに求められるもので重要なことは自分たちの業務の中で不要な業務を見つけることといえます。
不要な業務を見つけ、より効率的に動くことでそのムダをなくすことができるのです。

企業では、前回述べた電話業務の他にも不必要な業務を行っている企業は多くあります。
無駄を見つけ、認識することで、自分たちに必要な業務を再確認することができます。

4月
16

メリット

mafihotz.com    効率化    

グラフで説明

企業の課題である業務の効率化。これを行う為にワークフローを導入します。
では具体的にワークフローの取り組みを行うことでどういったメリットを得ることができるのか説明していきます。

■具体性
まずワークフローを行うことで業務などの凡ミスを減らすことができます。
凡ミスの要因として挙げられることに自分のやることをなんとなく把握しているといった理由があります。
しっかり頭に入っていない状態では必ず不備がでてきます。
また、複数人での業務の場合、どのタイミングで特定の業務を行うかといったものが重要になります。ワークフローで図式化することでそのながれをわかりやすく理解することができるのです。

次に原因の追求です。
ワークフローを導入した企業では不備があった際に直ぐにどの段階での不備か知ることができます。
業務効率化を図ることで、責任の在処などをはっきりさせることが用意にできるようになるからです。
また、責任と同時に不必要なものがわかりやすく洗い出すことができます。

オススメリンク

最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年9月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930